Home
お問い合わせ 問い合わせ 
〒843-0302佐賀県嬉野市嬉野町大字下野甲115-19
TEL 0954-43-1019  FAX 0954-43-1187

2017.02.03 ひとをよろこばし、みんなの夢・あこがれを未来へつなげ!3

(2月2日からのつづき)

幼児期に非認知能力を高めていくことは重要です。

非認知能力とは、IQ (知能)に関係なく、「意欲」「協調性」「粘り強さ」「忍耐力」「計画性」などの個人の特性です。IQ よりもむしろ、この非認知能力が社会的成功に結びつきやすいといわれています。
幼児期に非認知能力という生き抜くカをつけていくことが大事です。

非認知能力を身につけるため、子どもをやる気にするには、次の4つのやる気のスイッチが大変重要になってきます。

@子どもは真似したがる
A子どもは競争したがる
B子どもはちょっと難しいことをしたがる
C子どもは認められたがる

子ども自らがスイッチをいれるようになったときに非認知能力は高まってきます。

指導者が一方的にカリキュラムを取り組ませても、子どものやる気のスイッチははいりません。
だからこそ、どこでスイッチが入るかを見守り、スイッチの入った瞬間を逃さないようにすれば、子どもは自分のカを発揮していきます。

(2月4日につづく)


園長 高橋弘樹


戻る

Copyright© 2010-2016 Ureshino kindergarten All Rights Reserved.